日本酒を「国酒」にする為に。日本酒ファンにできること。

先日「日本酒を国酒に!」という一日本酒ファンとして単純にうれしくなるニュースがありましたが、政府の偉い人たち(失礼!)は30年も前から言ってたみたいですね。恥ずかしながら全く知りませんでした。。。

この「国酒(こくしゅ)」という呼び方ですが、大相撲の「国技(こくぎ)」とおんなじで、法律等で特に定義されるものではないようです。

上記ニュースも“輸出拡大”の文脈から出た発言のようですし、要は海外でのトップセールスの際には、キャッチコピーとして「国酒であるところの…」(ちょっと重いなぁw)を意識的に使うようにします!という宣言?として理解しました。

否定してる訳ではないですよ!決して!ただ・・・肝心の国内での「人気」が伴えば、もう少し「シェア」や「出荷量」が回復すれば。

偉い人がわざわざ大上段から呼びかけずとも、「乾杯は国酒っしょ!」が自然と当たり前になっちゃってる―そんな国内状況がまずあるのが、モアベターですよね。

ニュースと言えば…中国(福建省)から海を渡り、長崎の地で永い年月を経て“ならではの変化”を遂げた「長崎ちゃんぽん」。今、韓国でインスタントラーメンになって、当地で大ヒットしてるそうです。“長崎ならではの旨さ”に国境は無かったということですよね。カッコいい。長崎ちゃんぽん。

翻って、おいしい日本酒をこれから先も頂くために、日本酒ファンの私が日本酒にできること。

あたり前の話で恐縮ですが、それは、おいしい日本酒の「旨さ」を、自身考え得る限りの言葉(と行動)を駆使して、工夫して、出会う人ひとりひとりに伝えることなんだなぁと改めて思った次第です。

当然そうする中で「得意分野」も見つけないといけないですね。「○○なら、いいね!日本酒。」って言ってもらえるような。

もう少し、あと少し「いいね、日本酒」って言う人が(地球上に!)増えるように。日本酒ファンの皆さん、これからも共に頑張りましょう!!

【スタッフ深山】

Facebook懸賞アプリ「Crocos(クロコス)」~“アプリの許可”について

現在、第4弾「岐阜・長野の銘酒プレゼント」が、絶賛ご応募受付中の「いいね!日本酒。」プレゼントキャンペーン。

本企画は、Facebook懸賞アプリ『Crocos(クロコス)』を利用して実施しておりますが、先日ご応募の際に表示される「アプリの許可」について、内容確認の問合せがあり、開発元にコンタクトを取って聞いてみました。

他のFacebookアプリ同様、「Crocos懸賞アプリ」でもアプリ使用の条件としていくつかの許可を求めてきます。

それぞれの項目に対する許可を求める意図、開発元からの回答ご紹介します。

——————————————————–

Q「基本データへのアクセス/プロフィール情報へのアクセス」は?

懸賞を開催しているFacebookページに年齢制限、地域制限などがかかっている場合に、応募者様のプロフィール情報を確認するために利用しております。また、個人に紐付かない形で、アプリの利用状況に関する分析に弊社が利用する場合がございます。

Q「メールの送信」は?

メール送信の権限ですが、応募受付、3人紹介の達成メールを懸賞アプリから送信するためと、当選者様のメールアドレスを主催者様に提供するために利用しております。
現在は弊社からのメルマガの送信等は行なっておりませんが、今後検討する可能性はございます。

Q「Facebookページの管理」は?

「Facebookページの管理」の権限は、懸賞を作成する主催者様に対してのみ「Crocosマーケティング」アプリで要求しているものになります。
懸賞を作成するにあたり、開催するFacebookページの情報の取得が必要なため、必要な権限に含めさせていただいております。一般の応募者様には、現在こちらの権限は要求しておりません。

Q「自分の名前を使ったFacebookページへの投稿」は?

応募した懸賞をウォールでシェアする際に以前利用しておりました。現在は、ウォールでのシェアを行う場合はFacebookの用意しているダイアログ機能を使うよう改善したため、利用しておりません。この権限を許可したことで、アプリから勝手に何かが投稿されるなどといったことはありませんのでご安心ください。
許可を求める権限については、現在見直しを行なっているところですので近日こちらの権限要求については無くなる予定です。

——————————————————–

以上です。(なお上記は2011.11月末時点での確認情報ですので、今後変更される可能性があります)

内容を確認しますと、特に今回のキャンペーンのようにアルコールを取り扱う場合は必要な項目だと理解できるのですが、許可画面が表示されると躊躇してしまいますよね。

アプリによって求めてくる許可の内容は様々ですし、中には悪質なスパムアプリもあります。個人個人でそのアプリが信頼できるアプリかどうか、許可を求めて来る内容に疑問を感じる点がないかどうか、確認のうえで許可をしてFacebookを楽しみたいものです。

【スタッフ井上】

『いいね!記事ランキング』について

Facebookユーザーが、相対的に多いとされる「関東エリア」。

これを反映してか『いいね!ファン数ランキング』では千葉、茨城の蔵元さんが上位を占有する状況ですが(2011.11現在)、もう一方の『いいね!記事ランキング』を見る限り、それだけとも言い切れない理由がありそうです。

前回記事で触れた“○○人が話題にしています”にも示されるように、Facebookでは「ファンとの結びつき(の強さ・濃さ)」が、ファン数そのものより重視されています。

その意味で『いいね!記事ランキング』の上位を占める関東の蔵元さんは、まさにこれを実現されている皆さんということになります。

いいね!記事ランキングの画像

またこちらのランキングでは、やはり発信量の多い上記の蔵元さんに混じり、近畿、九州、新潟の各蔵元さんの記事が、ファンから多くの「いいね!」を獲得されている状況も見えてきます。

個性あふれる投稿が並んだ、ファン数以上に魅力溢れる『いいね!記事ランキング』。
“日本酒ニュースヘッドライン”としても活用できるこちらのランキングも、ぜひチェックしてみて下さいね。

【スタッフ深山】

ウォール(Facebook)に滲む!?蔵元さんのパーソナリティ

「いいね!日本酒。」では、サイトへ訪れる皆さんへのサービスの一環として、蔵元各社の寛大なご協力を頂きながら、「ランキング形式でのFacebookページ紹介」をさせて頂いております。

ただFacebookのようなソーシャルメディアは、「ファンの数」が全てではなく、ファンと蔵元様との「結びつきの強さ/濃さ」こそが大事なポイントだと言われているようです。

最近になってFacebookページに突如現れた「○○人が話題にしています」の表記。なんでも“過去7日間のいいね!・コメント・シェアの総数”との情報もあり(2011.10現在)、急激にではなく着実に、「本物のファン」を増やしていくべき―というFacebookからのメッセージを感じずにいられません。

いよいよ酒造りが本格化してきた今、ウォールを通じて我々消費者の目に映るのは、それぞれの蔵元さんの“個性”です。もっと言えば“人柄”とも言えるそれは、時には「ひたむきさ」かもしれませんし、良い意味で予想を裏切るような?「親しみやすさ」かもしれません。

造り手の想いをリアルタイムに共有することができるという「歓び」。

これを技術の進歩がもたらしてくれた粋な“肴(さかな)”にしつつ、マウス片手に一杯やるのも一興ではないでしょうか?

「ファン数によるランキング」というカタチを、便宜上取らせて頂いておりますが、「日本酒との親しみ方」に関する一提案と、ご理解頂ければ幸いです。

【スタッフ深山】

「いいね!日本酒。~日本酒応援ファンサイト」 http://sakefan.net

ランキング判定基準とロゴマークについて

本日はちょくちょくご質問を頂く下記2点について、ご紹介させて頂きます。

■Facebookページランキングについて

ファン数が同数の場合は、「Facebookの活用度」による判定を行なっています。(ウォール投稿数や記事へのいいね!数などをプログラムが判定しています)

「いいね」が同数のイメージ画像

 

■「いいね!日本酒。」ロゴマークについて

21世紀を代表する発明とも言われる((c)熊坂 仁美さん)、Facebookの「いいね!」。この「いいね!」に最大限の敬意を払いながら、そこはやっぱり《左党=のみ手=左手》ということで。ちょっと苦しいです…か?(苦笑)

【スタッフ深山】

「いいね!日本酒。~日本酒応援ファンサイト」 http://sakefan.net

Facebook コメント